登記費用.com 登記費用を安く


GIS(地理情報ステム)の概要

地理情報システム(GIS:Geographic Information System)とは?

地理的位置を手がかりに、位置に関する情報を持ったデータ(空間データ)を総合的に管理・加工することにより、視覚的

に表示が可能となり、様々な高度分析や迅速な判断を可能にするシステムのことです。

平成7年1月17日の阪神・淡路大震災の反省等をきっかけに、政府において、GISに関する本格的な取組が始まっていま

す。

その中核となる取組が、国土空間データ基盤の整備です。 ハードウェア、ソフトウェアの低価格化が進み、簡易なGIS導

入が可能になり、地図データ等もDM(デジタルマッピング)等により電子化されてきました。

各自治体がDMでの都市計画基本図作成を行い1/2500のデータが整備されてきました。

そして、GISの利用に必要な、国土に係る骨格的なデータを、国土空間データ基盤と位置付けて、道路、鉄道等と同様に

、高度情報通信社会の社会基盤と考え、その整備を図っていく必要性が認識され始めています。

 

国土空間データ基盤とは?

国土空間データ基盤は、空間データのうち基盤的なものを指し、大きく3つの要素からなる。

第1に、空間データのうち、国土全体の地勢や行政界等の基盤的な地図データを「空間データ基盤」と呼ぶ。

空間データ基盤については、その整備を着実に進めていくため、その項目を空間データ基盤標準として標準化した。

第2に、空間データ基盤に結びつけて利用される台帳、統計情報等のうち、公共的観点から基本的なものと考えられるデ

ータを「基本空間データ」と呼ぶ。

最後に、航空写真や衛星画像等から作成される「デジタル画像」についても、GISにより利活用されることが期待されてお

り、国土空間データ基盤と位置付けられている。

国土空間データ基盤は、国が新たに巨大なデータベースとして一元的に整備・提供するのではなく、国、地方公共団体及

び民間が、各々整備している空間データのうち基盤的なものを、国土空間データ基盤としても定義し、各整備主体が、電

子媒体やネットワークを通じてこれらを提供し、利用者は必要なデータを個別に入手し、重ね合わせて利用するものであ

る。

(「地理情報システム関係省庁連絡会議「国土空間データ基盤標準及び整備計画(概要)」より)

 

GISは様々な用途に利用することができます。以前に比べ導入も容易になってきています。

当事務所は、GISのシステムを構築及びデータ加工を行い業務の効率化を図ります。

 


失敗しない事務所の選び方
知らずに高い登記費用を払っている

登記MENU

登記費用.com TOP

お見積り

ご依頼の流れ

対応エリア

登記費用

測量

境界確定

よくある質問

お客様の声

選ばれる3つの理由

自分で登記をされる方へ

専門家

アクセス

サイトマップ


登記対応エリア:

愛知県:名古屋市、名古屋市、一宮市、春日井市、清須市、あま市、津島市、稲沢市、 愛西市、弥富市、海部郡(蟹江町、大治町、飛島村)、岩倉市、 小牧市、丹羽郡(大口町、扶桑町)、江南市、犬山市、小牧市、 西春日井郡豊山町、北名古屋市、長久手市、尾張旭市、瀬戸市、日進市、東郷町、みよし市、豊田市、豊明市、刈谷市、知立市、知多市、東海市、大府市、知多郡(東浦町、阿久比町)、半田市、常滑市、武豊町、碧南市、高浜市、安城市、岡崎市、名古屋市・中村区・中区・西区・北区・中川区・昭和区・東区・天白区・港区・南区・緑区・守山区・千種区・熱田区・名東区・瑞穂区

岐阜県:岐阜市、各務原市、羽島郡(岐南町、笠松町)

三重県:桑名市、いなべ市、桑名郡木曽岬町、員弁郡東員町

google plus