固定資産税 調査 課税標準額 納税通知


建物の固定資産税について

■固定資産税の算出

1.通知

建物を建てたことにより、地方税である固定資産税が所有者に課税されます。

市区町村の税務課の職員は新築や増築等の建物を航空写真や、日々街の中で変化がないかを注意して見ています

そして発見したら建物を調査して課税します。

新築建物の登記をする際、市区町村の税務課に住宅用家屋証明申請書を用い申請を行い、住宅用家屋証明を得るこ

とにより、保存登記の登録免許税の軽減措置を受けることができます。

※軽減措置を希望する場合は、建物を建ててから1年以内に申請しなければなりません。

住宅用家屋証明を得る際に、必ずといっていいほど、建築確認通知書、工事見積明細書のコピーをしていいですかと

聞いてきます。

一般的にこの時にコピーを許可する代理人がほとんどです。

このコピーが後日、単位当たり再建築費評点数の根拠の大部分となります。

そして、「家屋調査について」の文書の通知があり、所有者と税務課とで家屋調査について日時の打ち合わせをします

2.調査

調査には、税務課の職員が、家屋単位当り再建築費評点数算出票を使用し、その建物を再建した場合にどれだけの

お金がかかるかを調査します。

調査範囲は、畳・大便器・クロス・屋根・襖・出窓・基礎・杭・断熱材・床の間・ガラス・浴槽等の材質や大きさ、数量のあ

りとあらゆるものに至り、点数を算出し「単位当り再建築費評点数」を求めます。

なお、大手ハウスメーカーの場合は別途家屋単位当り再建築費評点数算出票が用意されています。

メーカーと商品名によって等級が決まります。

cf.「単位当り再建築費評点数」は建築確認通知書、工事見積明細書のコピーが根拠になっていることが理解できるか

と思います。

これらの書類が無いと建物の全てを計測し調べないと算出できません。

ちなみに、建築確認通知書や工事見積明細書のコピー等は、強制ではありません。

3.課税標準額の決定

家屋調査で算出された単位当り再建築費評点数もベースに、課税標準額が決定します。

決定された課税標準額に不服がある場合は、再調査の依頼をすることができます。

再調査の結果、両者の課税標準額の低い方を採用します。

さらに、審査請求を行うことができます。

4.納税通知

課税標準額をもとに固定資産税を算出後課税されることとなり、建物の所有者は納税します。

そして所有者は、固定資産税、都市計画税を毎年4月に一括もしくは、分割して支払います。

 

課税標準額計算式及び固定資産税、都市計画税算出

 

実際の計算資料 AcrobatReaderが必要です。

家屋単位当り再建築費評点数算出表PDF

 


失敗しない事務所の選び方
知らずに高い登記費用を払っている

登記MENU

登記費用.com TOP

お見積り

ご依頼の流れ

対応エリア

登記費用

測量

境界確定

よくある質問

お客様の声

選ばれる3つの理由

自分で登記をされる方へ

専門家

アクセス

サイトマップ


登記対応エリア:

愛知県:名古屋市、名古屋市、一宮市、春日井市、清須市、あま市、津島市、稲沢市、 愛西市、弥富市、海部郡(蟹江町、大治町、飛島村)、岩倉市、 小牧市、丹羽郡(大口町、扶桑町)、江南市、犬山市、小牧市、 西春日井郡豊山町、北名古屋市、長久手市、尾張旭市、瀬戸市、日進市、東郷町、みよし市、豊田市、豊明市、刈谷市、知立市、知多市、東海市、大府市、知多郡(東浦町、阿久比町)、半田市、常滑市、武豊町、碧南市、高浜市、安城市、岡崎市、名古屋市・中村区・中区・西区・北区・中川区・昭和区・東区・天白区・港区・南区・緑区・守山区・千種区・熱田区・名東区・瑞穂区

岐阜県:岐阜市、各務原市、羽島郡(岐南町、笠松町)

三重県:桑名市、いなべ市、桑名郡木曽岬町、員弁郡東員町

google plus


【お客様の声】

お客様の声

【お客様からのよくある質問】

質問