99%の方が知らずに高い不動産登記費用を払っている!?


99%の方が知らずに高い登記費用を払っている!?

 

懲戒処分の理由から、登記費用が高くなる要因がわかる

登記の専門家である土地家屋調査士・司法書士は、国家資格者であり、

法律違反をすると、法務局が懲戒処分等を行います。

 

懲戒処分の理由は、様々です。

・委任状を勝手に作成。

・不当誘致

・登録免許税の水増し

・依頼の放置

など

 

他にも懲戒処分になる理由は多くありますが、

登記費用が高くなる要因として、登録免許税の水増し 、不当誘致 があります。

 

登録免許税の水増し』は、登記を行う際に登録免許税という税金が必要ですが、

その登録免許税を水増しし、実際に必要な金額よりも多く請求します。

 

不当誘致』は、仕事を得るために、紹介者にキックバックや謝礼など行うことです。

専門家(土地家屋調査士・司法書士)は、『不当誘致』を行い、見つかると、法務局から懲戒処分を受けます。

ハウスメーカー、工務店、設計事務所、マンション業者、金融機関(銀行、信用金庫)などから、

指定事務所となり、紹介により、依頼を受ける専門家(土地家屋調査士・司法書士)の中から、

不当誘致を行っていることが見つかり、処分されています。

 

 

 

 

登記の専門家である土地家屋調査士や司法書士は、違法なことを行い処分されると、

以下のように官報に掲載されます。

しかし、官報は人目につくことはありません。

 

 

そのため、土地家屋調査士や司法書士の会が、

違法行為を防ぐ意味でホームページ等で公開しているケースがありますが、

公開していても目立たないようにしたり、すぐに削除されるケースが多いようです。

 

 

『司法書士 懲戒処分』、『土地家屋調査士 懲戒処分』 などのキーワードで検索すると、

多くの懲戒事例が見つかりますので、是非ご覧下さい。

 

 

 

専門家の営業努力により、登記費用が高くなる?!

次にご紹介するのは不当誘致ではなく、営業努力とでもいうのでしょうか

 

・そのハウスメーカーで家を建てた専門家(土地家屋調査士・司法書士)

・売れ残ったマンションを購入した専門家(土地家屋調査士・司法書士)

・紹介をいただける銀行でわざとお金を借りている専門家(土地家屋調査士・司法書士)

・土地情報が欲しい建売業者などに土地情報を知らせる専門家(土地家屋調査士・司法書士)

・銀行が支払う登記費用を安くして、お客様の登記費用を高くする専門家(土地家屋調査士・司法書士)

・ハウスメーカーや工務店、不動産仲介業者がお金を支払う登記を安くして、お客様の登記費用を高くする専門家(土地家屋調査士・司法書士)

・住宅ローンを金融機関に紹介し、登記費用を高くする専門家(司法書士・土地家屋調査士)

 

このように、ハウスメーカー、金融機関、不動産仲介業者から紹介してもらえるように、

営業努力をしている司法書士・土地家屋調査士もいます。

 

 

これらの事は、珍しいことではなく、日常的に行われています。

 

そのため、

登記の専門家(司法書士・土地家屋調査士)は、

ご依頼していただけるお客様へのサービスの向上ではなく、

紹介者に目がいってしまっているのが現状です。

 

 

もちろん、

真面目に、紹介者のためではなく、

お客様のために登記業務を行っている専門家(土地家屋調査士・司法書士)がいることも事実です。

 

 

売れ残ったマンションの購入や

家を建てたり

わざと借り入れをしたり

するのは自由です。

 

不動産業者が支払う登記費用を安くし、一般の方に安くした分を多く請求するやり方は違法と言えるでしょう。

 

売れ残ったマンションを購入するには、無駄にお金がかかります。

必要もないのに家を建てるにも、無駄にお金がかかります。

借り入れをすれば利息が必要となります。

それらのお金が登記費用に影響がなければよいと思います。

 

 

司法書士・土地家屋調査士の具体的な処分 実例

 

『綱紀事案公表』で検索すると、違法行為の処分が数多く掲載され、内容が確認可能です。

 

 

登記費用を安くする方法は、ご自分で専門家を探し、ご自分で依頼することです

ハウスメーカー、工務店、設計会社、金融機関、不動産仲介業者などから紹介された専門家(司法書士・土地家屋調査士)に依頼するのではなく、

自分で探し、登記のご依頼は、お客様自身で専門家を選び、

納得のいく登記費用で依頼されるのがよいのではないでしょうか

 

 

当事務所は、先のような営業努力はしません。

ご紹介していただければありがたく感謝はしますが、謝礼等は行っておりません。

ご依頼をされるお客様に対し、品質の良いサービスを提供し、感謝されることが一番よいと考えております。

 

 

不動産登記費用のお見積もりは無料です。

お気軽にお問い合せください。

 

 


失敗しない事務所の選び方
知らずに高い登記費用を払っている

登記MENU

登記費用.com TOP

お見積り

ご依頼の流れ

対応エリア

登記費用

測量

境界確定

よくある質問

お客様の声

選ばれる3つの理由

自分で登記をされる方へ

専門家

アクセス

サイトマップ


登記対応エリア:

愛知県:名古屋市、名古屋市、一宮市、春日井市、清須市、あま市、津島市、稲沢市、 愛西市、弥富市、海部郡(蟹江町、大治町、飛島村)、岩倉市、 小牧市、丹羽郡(大口町、扶桑町)、江南市、犬山市、小牧市、 西春日井郡豊山町、北名古屋市、長久手市、尾張旭市、瀬戸市、日進市、東郷町、みよし市、豊田市、豊明市、刈谷市、知立市、知多市、東海市、大府市、知多郡(東浦町、阿久比町)、半田市、常滑市、武豊町、碧南市、高浜市、安城市、岡崎市、名古屋市・中村区・中区・西区・北区・中川区・昭和区・東区・天白区・港区・南区・緑区・守山区・千種区・熱田区・名東区・瑞穂区

岐阜県:岐阜市、各務原市、羽島郡(岐南町、笠松町)

三重県:桑名市、いなべ市、桑名郡木曽岬町、員弁郡東員町

google plus