建物滅失登記 費用 料金 を格安に


建物滅失の登記費用(料金)

解体 取り壊し 滅失登記

登記がされた建物を、取り壊したり(解体したり)、災害などで倒壊した際に、必要な登記が、『建物滅失登記』です。

 

登記がされていない未登記の建物を、取り壊したり(解体したり)、災害などで倒壊した際、『建物滅失登記』は不要です。登記がされていない建物は、滅失登記をする必要はありません。

 

また、建物が過去に取り壊され存在しないのに、壊された建物の登記が残っているケースがあります。

この場合、そのままにしておいても良いことはありません。

建物滅失登記を行うと、登記所(法務局)から市町村へ、建物が無くなったことの連絡が行くのですが、建物滅失登記をしていない場合、市町村が建物が無くなったことを知らずに、、市長村が、間違って、固定資産税を課税しているケースがあります。

建物が無くなったら、できるだけ早く、建物滅失登記を行う方がよいでしょう。

建物滅失登記は、建物が無くなった時点で行うことが可能です。

また、朽ち果てて廃屋になった建物も取り壊さなくても建物滅失登記が可能な場合があります。

 

 

オルフィット総合事務所では、業務の効率をアップすることで、建物滅失登記の費用の安くしました。

建物滅失登記の費用の見積もりは無料です。

お気軽に無料見積もりをご依頼ください。

 

 

建物滅失の登記費用(料金)の一覧 






建物滅失登記 費用

 

※非区分建物は、戸建て(マイホーム)や事務所、倉庫、工場など1つの建物として登記された建物

※区分建物(分譲マンション・長屋など)の建物滅失登記費用は、お問い合せください。

※建物が複数で、建物の場所が同じか隣接しておらず、異なる建物に関しては、戸数の加算ではなく、別々の費用となります。

※所有者が異なる複数の建物の場合、1つの申請で建物滅失登記はできません。戸数の加算ではなく別々の費用となります。

 

 

登記は、目的によって行う登記が異なります。

どの登記が必要か分からない場合は、下記ボタンをクリックしてご確認下さい。

また、一般的によく使われる登記費用(料金)を掲載しました。

メールや電話でもお答え致します。お気軽にお問い合わせ下さい。

これ以外の登記が必要になる場合は、お気軽にお問合せください。

登記費用の無料見積もりを行っております。

 

建物滅失登記の費用(料金)の事例1

建物滅失登記の費用 事例1 岐阜市

 

建物滅失登記の費用(料金)の事例2

建物滅失登記の費用 事例2 名古屋市

 

建物滅失登記の費用(料金)の事例3

建物滅失登記の費用 事例3 名古屋市

 

 

 



登記費用
相続費用 相続登記費用
不動産売買費用 所有権移転登記費用
新築一戸建て 登記費用
贈与費用 贈与登記費用
土地の測量費用
境界確定測量費用
地目変更登記費用
地積更正登記費用
合筆登記費用
分筆登記費用
建物滅失登記 登記費用
未登記建物 登記費用
土地 表題登記 登記費用
増築改築 表題変更 登記費用
その他の登記費用
 

 

建物滅失登記費用について、お気軽にお問い合せください。建物滅失登記費用の見積もりは無料です。

オルフィット総合事務所

愛知県名古屋市中村区佐古前町19番10号

失敗しない事務所の選び方
知らずに高い登記費用を払っている

登記MENU

登記費用.com TOP

お見積り

ご依頼の流れ

対応エリア

登記費用

測量

境界確定

よくある質問

お客様の声

選ばれる3つの理由

自分で登記をされる方へ

専門家

アクセス

サイトマップ


登記対応エリア:

愛知県:名古屋市、名古屋市、一宮市、春日井市、清須市、あま市、津島市、稲沢市、 愛西市、弥富市、海部郡(蟹江町、大治町、飛島村)、岩倉市、 小牧市、丹羽郡(大口町、扶桑町)、江南市、犬山市、小牧市、 西春日井郡豊山町、北名古屋市、長久手市、尾張旭市、瀬戸市、日進市、東郷町、みよし市、豊田市、豊明市、刈谷市、知立市、知多市、東海市、大府市、知多郡(東浦町、阿久比町)、半田市、常滑市、武豊町、碧南市、高浜市、安城市、岡崎市、名古屋市・中村区・中区・西区・北区・中川区・昭和区・東区・天白区・港区・南区・緑区・守山区・千種区・熱田区・名東区・瑞穂区

岐阜県:岐阜市、各務原市、羽島郡(岐南町、笠松町)

三重県:桑名市、いなべ市、桑名郡木曽岬町、員弁郡東員町

google plus