贈与費用 贈与登記費用


贈与に関する登記費用(料金)の一覧

贈与を行う際に必要な費用(料金)です。

贈与を行う場合に一般的に必要となる手続きの費用を掲載しました。

これ以外に必要な手続きの費用(料金)についてはお気軽にお問合せください。

 

 行いたいこと  必要な手続き  専門家
何を贈与するか決め書面にする 贈与契約書の作成 行政書士・
司法書士
不動産の名義人を受贈者に変更 贈与による所有権移転登記 司法書士
土地の境界線を明確にする 境界確定測量 測量士・
土地家屋調査士
土地を複数に分け一部を贈与する 分筆登記 土地家屋調査士
建物を分割して一部を贈与する 建物分割登記 土地家屋調査士
建物が未登記なので登記を行い贈与する 建物表題登記・
所有権保存登記
土地家屋調査士・司法書士

ケースに応じて、提携の司法書士・測量士・行政書士・土地家屋調査士が協力し、必要な手続きを行います。

 

 

贈与登記などの手続きの費用 

■贈与登記などの手続きに関する費用(料金)の一覧





未登記建物 建物表題登記(建物表示登記)



 




 

 

■一般的な贈与登記の必要書類です。


・権利書(または登記識別情報)

 

・印鑑証明書(3ヶ月以内のもの)

※印鑑証明書の住所、氏名と登記簿上の住所、氏名が異なる場合は住所(氏名)変更登記が必要です。

 

・ご実印

 

・住民票

 

・認め印

 

・贈与契約書、登記原因証明情報、委任状

※当事務所にて作成後、押印して頂きます。(贈与契約書は郵送でのやりとりも可能です)

 

・不動産評価証明書(市区町村役場)

※委任状をいただいてこちらで取得することも可能です。

 

 

 

目的によって行う登記が異なります。

どの登記が必要か分からない場合は、下記ボタンをクリックしてご確認下さい。

メールや電話でもお答え致します。お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 



登記費用
相続費用 相続登記費用
不動産売買費用 所有権移転登記費用
新築一戸建て 登記費用
贈与費用 贈与登記費用
土地の測量費用
境界確定測量費用
地目変更登記費用
地積更正登記費用
合筆登記費用
分筆登記費用
建物滅失登記 登記費用
未登記建物 登記費用
土地 表題登記 登記費用
増築改築 表題変更 登記費用
その他の登記費用
 

 


失敗しない事務所の選び方
知らずに高い登記費用を払っている

登記MENU

登記費用.com TOP

お見積り

ご依頼の流れ

対応エリア

登記費用

測量

境界確定

よくある質問

お客様の声

選ばれる3つの理由

自分で登記をされる方へ

専門家

アクセス

サイトマップ


登記対応エリア:

愛知県:名古屋市、名古屋市、一宮市、春日井市、清須市、あま市、津島市、稲沢市、 愛西市、弥富市、海部郡(蟹江町、大治町、飛島村)、岩倉市、 小牧市、丹羽郡(大口町、扶桑町)、江南市、犬山市、小牧市、 西春日井郡豊山町、北名古屋市、長久手市、尾張旭市、瀬戸市、日進市、東郷町、みよし市、豊田市、豊明市、刈谷市、知立市、知多市、東海市、大府市、知多郡(東浦町、阿久比町)、半田市、常滑市、武豊町、碧南市、高浜市、安城市、岡崎市、名古屋市・中村区・中区・西区・北区・中川区・昭和区・東区・天白区・港区・南区・緑区・守山区・千種区・熱田区・名東区・瑞穂区

岐阜県:岐阜市、各務原市、羽島郡(岐南町、笠松町)

三重県:桑名市、いなべ市、桑名郡木曽岬町、員弁郡東員町

google plus