境界確定測量 土地家屋調査士 測量士 境界


境界確定測量を極める

境界確定測量 目次

境界確定測量について

なぜ境界確定測量をするのでしょうか?

では登記簿や昔の図面は正しいのでしょうか?

どのような測量が一番良いのでしょうか?

境界確定測量 費用

 

境界確定測量について

土地境界確定測量とは?

土地の境界を決める(確定)する為に測量を行い、隣接地の土地所有者様と立ち合いを行い、

了解を得て境界を決めることを言います。

 

境界を決めるにはある一定のエリアの土地の形と面積(地積)を知るために測量を行い、

測量結果とその土地に関係する様々な資料との整合性をみます。

整合性が取れるように境界を計算し、境界の位置を仮に決定します。

その後、隣地所有者に仮の境界を示し、その根拠を説明した上で理解していただいてから署名及び押印していただきます。

全ての隣地所有者の承諾を得た後に境界標(コンクリート杭・金属プレート・金属鋲など)を設置します。

 

◎土地境界確定業務の現状

○早い者勝ち現在の法律や慣習において、早い者勝ちという結果になるケースがほとんどです。

お隣の外構のブロック塀やフェンスなどが、自分の土地に越境していても、そのまま放置すると正しい境界の位置に境界を決めることができなくなることがあります。

何十年もの間、間違った境界の位置で放置されていると、正しい境界の位置に境界を戻すことは大変難しいです。

 

○境界標の管理は大事です。

境界を示す大事な境界標(コンクリート杭、金属プレート、金属鋲など)を外構工事などで壊されたりするケースが多いのが現状です。

また、境界標の上にブロックを積んで埋めてしまうケースも多々あります。

埋めてしまうと正しい境界の位置が判りません。 境界標を勝手に抜いたり壊したりする人もいます。

勝手に移動する人もいます。

境界標は境界の位置を知る上で大事な目印です。

境界標は大切に保全することが必要です。

自分が管理しないと誰も管理してくれません。

 

なぜ境界確定測量をするのでしょうか?

日本の90%以上の土地境界は不明確です。

コンクリート杭や鋲等の境界標が仮にあっても間違っていることが多々あります。

隣の土地に境界が30cm以上ずれていたりすることも珍しくありません。

特に起伏のある傾斜地では間違っていることが多いのが現状です。

土地を購入する際に、境界線が不明確であるものを購入することは後になってトラブルに巻き込まれる可能性があります。

後になって、隣の家が越境していたことが判明する。

自分が建てた家が何年か後になって隣の土地に越境していたことが判明したなんてことは多いです。

隣人間のトラブルはほんとに嫌なものです。

一度トラブルが起こると生涯隣人とは顔をあわせないようにしたり、自分の悪口を近所の方に言われたり、収拾がつかなくなります。

そして、ついには裁判です。

このようなトラブルを防止する為に、家を建てる際や、土地を購入する際は、境界を決める必要があります。

こうした理由から確定測量をする必要があるのです。

 

では登記簿や昔の図面は正しいのでしょうか?

ほとんどの場合、土地には登記簿があります。

登記簿には所在・地番・地目・地積が書いてあります。

しかし、登記簿の地積は正しいのでしょうか?

明治時代には測量を行う際に、縄などを用いて精度の低い測量を行っていました。

現在の測量は精密機械を用いていますので正確さにはかなりの違いがあります。

縄で測量し面積を求めた、登記簿の地積は不正確である場合が多々あります。

登記簿に200㎡と書いてある土地が確定測量をしてみたら180㎡であったということも珍しくはありません。

20㎡少なくなると不動産としての価値はかなり減ります。

坪40万円の土地であれば20㎡は約6坪ですので6坪×40万円=240万円損をしたことになります。

土地を購入する側にとっては正しい地積を知った上でないと土地購入を決めることはリスクが大きいといえます。

こうした不動産価格以外にも境界が明確でないと、間違って隣の人の土地に家を建ててしまうこともありえます。

こうした家などの構造物が境界を超えている状態を越境していると言います。

家を建ててから越境していることが判明した場合、最悪建物を取り壊さなければなりません。

このようなリスクを回避するため、土地を売買する場合や建物を建てる場合には必ず境界線を明確にし、面積(地積)が何㎡(何坪)であるかを確定する必要があります。

越境については、塀が隣人の土地にまたがっている(越境している)ことは多々あります。

このような越境が原因で隣人とのトラブルは頻繁にあります。

越境していることで睨み合うことも少なくありません。境界線が原因で代々に渡りトラブルが絶えないこともあります。

境界確定測量は、様々な過去の資料を調査し、 測量を行った上で、土地の境界線を復元し調整します。

そして土地の地積(面積)と土地の形状を明確にします。

 

どのような測量が一番良いのでしょうか?

測量には色々な測量方法があります。

一般的な測量方法は次の3つです。

1.GPS衛星を利用した測量

2.トータルステーションによる測量

3. 巻尺による測量

それでは、どの方法が一番良いのでしょうか?

答えは、 これらを全て併用して測量する方法がベストです。

それぞれの測量には用途に合わせて用いることが必要です。

そうしなければ 正確な数値を導き出すことはできません。

正確に計測して境界線を導き出します。

そして隣接土地所有者との立会いを行い署名と印を書面に残します。

その後、目印になるように正しい位置に境界標(杭)を設置します。

 

土地を購入するが、境界が不明であり心配だ。

土地を購入するが、境界が全てなく心配だ。

家を建てようと思うが、境界が不明で心配だ。

土地を売ろうと考えているが、境界線が不明で買手が付かない。

現在、境界でおとなりと言い合っている。

お隣との土地の境界が不明で子供の為にも生きている間にはっきりさせたい。

お隣さんが境界線についてこちらの思った線より多く主張してくる。

 

どれかひとつでも当てはまれば、土地の境界を確定させた方が良いです。

測量士と土地家屋調査士の資格をもった専門家がお答えします。

お気軽にご相談下さい。

 

◎確定測量を専門家に依頼する際の注意点

隣接地の立会いと道路との立会いを行った証拠となるものを依頼する専門家に要求することが重要です。

くれない専門家もいます。

特に市町村道や県道・国道との境界立会いの証明を取らない専門家が多いので注意して下さい。

証明がない場合、トラブルの原因になります。

当事務所では、ご希望により、アメリカのGPS衛星を利用し測量を行い、公共座標値で図面を作成し納品します。

 

境界確定測量 費用

 

土地の境界確定の費用は、土地の大きさ、形状、隣接する土地の数及び所有者の数により大きく異なります。

過去に境界確定をされている場合、境界標を復元するだけで済む場合もあります。

 

個々のケースに応じて、境界確定費用は、境界確定測量を行う土地毎に見積書を作成しております。

見積は無料です。

 

正確な見積書を作成するには、

・境界確定測量を行う土地の地番

・土地の公図

・地積測量図

・土地の登記記録(登記事項証明書)

等があると可能です。

見積依頼の際は、できるだけ、これらの資料の用意をお願いします。

これらの資料がない場合でも、状況を聴き取り、概算で算出が可能です。

 

■境界確定測量 費用(料金) 一覧


境界確定測量費用

境界復元測量 費用

※ 地図混乱地域等により、図面作成が困難な場合は別途要相談。

※ 収入印紙代と登録免許税は報酬以外に別途必要です。

※ 上記標準報酬額は、平成29年3月4日現在のものとなっております。

◎料金は、ケースにより異なりますので、お気軽にご相談ください。



登記費用
相続費用 相続登記費用
不動産売買費用 所有権移転登記費用
新築一戸建て 登記費用
贈与費用 贈与登記費用
土地の測量費用
境界確定測量費用
地目変更登記費用
地積更正登記費用
合筆登記費用
分筆登記費用
建物滅失登記 登記費用
未登記建物 登記費用
土地 表題登記 登記費用
増築改築 表題変更 登記費用
その他の登記費用
 

 

 

 


失敗しない事務所の選び方
知らずに高い登記費用を払っている

登記MENU

登記費用.com TOP

お見積り

ご依頼の流れ

対応エリア

登記費用

測量

境界確定

よくある質問

お客様の声

選ばれる3つの理由

自分で登記をされる方へ

専門家

アクセス

サイトマップ


登記対応エリア:

愛知県:名古屋市、名古屋市、一宮市、春日井市、清須市、あま市、津島市、稲沢市、 愛西市、弥富市、海部郡(蟹江町、大治町、飛島村)、岩倉市、 小牧市、丹羽郡(大口町、扶桑町)、江南市、犬山市、小牧市、 西春日井郡豊山町、北名古屋市、長久手市、尾張旭市、瀬戸市、日進市、東郷町、みよし市、豊田市、豊明市、刈谷市、知立市、知多市、東海市、大府市、知多郡(東浦町、阿久比町)、半田市、常滑市、武豊町、碧南市、高浜市、安城市、岡崎市、名古屋市・中村区・中区・西区・北区・中川区・昭和区・東区・天白区・港区・南区・緑区・守山区・千種区・熱田区・名東区・瑞穂区

岐阜県:岐阜市、各務原市、羽島郡(岐南町、笠松町)

三重県:桑名市、いなべ市、桑名郡木曽岬町、員弁郡東員町

google plus