相続費用 相続登記 費用


相続登記とは

『相続登記』は、相続を原因として亡くなった人(被相続人)が所有する不動産(土地・建物)の所有者(所有権の登記名義人)を遺産を受け継ぐ相続人に変更する登記の通称です。

『名義変更登記(名変)』とも言われます。

相続登記不動産の名義変更の登記である、『所有権移転登記』を行うために、他の登記や測量や許認可等が必要となるケースがあります。

それ故、広い意味では、他の登記や測量や許認可なども『相続登記』に含まれます。

 

例えば、

・相続する建物が未登記で、登記を行う場合は建物表題登記と所有権保存登記を行う必要があります。

相続登記 未登記

・相続する人が複数の場合で1つの土地を分け合う場合、分筆登記が必要です。

 分筆登記を行うには、土地の境界確定測量が必要です。

相続登記 分筆登記

・1つの建物を分ける場合、建物の分割登記が必要です。

  建物表題登記、分筆登記、分割登記は土地家屋調査士が行います。

  境界確定測量は、測量士・土地家屋調査士が行います。

 行いたいこと  必要な手続き  専門家
誰が何を相続するか決め書面にする 遺産分割協議書の作成 行政書士・
司法書士
不動産の名義人を相続人に変更 相続による所有権移転登記 司法書士
土地の境界線を明確にする 境界確定測量 測量士・
土地家屋調査士
土地を複数に分ける 分筆登記 土地家屋調査士
建物を分割する 建物分割登記 土地家屋調査士
建物が未登記なので登記を行い相続する 建物表題登記・
所有権保存登記
土地家屋調査士・司法書士

 

オルフィット総合事務所では、

ケースに応じて、提携の司法書士・測量士・行政書士・土地家屋調査士が協力し、必要な手続きを行います。

相続登記に必要な全ての手続きを面倒なく行うことが可能です。

どのような手続きが必要であるか、無料にて説明しております。

相続登記に関する登記費用(料金)の一覧

相続登記を行う際に必要な、登記の費用(料金)です。

相続登記を行う場合に、一般的に必要となる費用(料金)を掲載しました。

これ以外に必要な手続きの費用(料金)についてはお気軽にお問合せください。

お客様のケースに応じて見積もりを無料にて行っております。

 

■相続登記等に関する費用(料金)の一覧





建物滅失登記 費用 未登記建物 建物表題登記(建物表示登記)



 




 

 

相続登記に必要な書類


相続登記の費用を低くするために、

相続登記に必要な書類である住民票や戸籍などの書類を市町村の役所にて取得するなどの簡単にできることは、お客様にしていただいております。

 

もちろん、お客様が、お忙しい場合は、役所が発行する書類に関しては、当事務所が依頼を受けて用意することが可能です。 ※別途費用が必要になります。

 

相続の手続きに必要な書類は、状況を聞かせていただいた上で、無料にて説明を行っております。

 

 

■お客様に、ご用意していただく書類 (遺産分割協議による相続の場合)

 

  • ・被相続人の死亡時の住所を証明する住民票など
  •   ※本籍地の記載のあるものが必要。
  • ・被相続人の死亡から出生まで遡る戸籍謄本・除籍謄本・改正原戸籍など

    ・相続人全員の戸籍謄本又は戸籍抄本

  •   ※被相続人の死亡日以後に取得したものが必要。
  •   ※※相続人の本籍と住所が違う場合は、本籍の記載のある住民票が必要。
  • ・相続人全員の印鑑証明書

    ・不動産を相続する方の住民票

    ・遺産分割協議書

  •   ※遺産分割協議書がない場合には、当事務所にて作成後、各相続人に実印で押印して頂きます。

  • ・委任状

      専門家に依頼する旨の委任状

    ・不動産全部事項証明書(法務局)

  •   ※物件の所在がわかる資料(権利書等)があればこちらで取得することもできます。
  •   ※※不動産の全部事項証明書の被相続人である所有者の住所と死亡時の被相続人の住所が異なる場合は、
  •      戸籍の附票が必要です。
  • ・不動産評価証明書(市区町村役場)

 

 

 

 

登記の種類

 

 

相続登記費用の事例

相続登記の事例毎に、相続登記の費用を掲載しました。

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合せください。

相談は、無料にて行っております。

 

相続登記に関する登記費用(料金)の事例1

母と子供1人が、亡くなった父の所有している不動産(土地1筆、建物1個)を共有名義(持分割合は土地建物共に同じ)にて相続する場合、

このケースでは、1つの所有権移転で、全ての不動産の相続登記ができます。

相続登記費用 名古屋市 事例1

 

相続登記に関する登記費用(料金)の事例2

2人の子供が、亡くなった父の所有する2筆の土地を1筆づつ相続する場合、

土地毎に相続登記を行うため、2つの所有権移転が必要になります。

相続登記費用 名古屋 事例2

 

相続登記に関する登記費用(料金)の事例3

母が亡くなった父の土地2筆を相続する場合、

このケースでは、1つの所有権移転にて、2つの土地の相続登記ができます。

相続登記費用 名古屋 事例3

相続登記は、『所有権移転』という登記を行いますが、

相続する人が誰で、持分はどうなるのか、など、

どのように相続するかで、『所有権移転』を行う個数が、異なります。

 

相続登記及びその他の手続きの費用の見積りは、無料にて行っております。

また、相続の相談も無料にて行っております。

相続の相談は、電話にて随時受けつけております。

 

 

名古屋駅近くの愛知県名古屋市中村区にオルフィット総合事務所はあります。

お気軽にお問い合せ下さい。

 



登記費用
相続費用 相続登記費用
不動産売買費用 所有権移転登記費用
新築一戸建て 登記費用
贈与費用 贈与登記費用
土地の測量費用
境界確定測量費用
地目変更登記費用
地積更正登記費用
合筆登記費用
分筆登記費用
建物滅失登記 登記費用
未登記建物 登記費用
土地 表題登記 登記費用
増築改築 表題変更 登記費用
その他の登記費用
 

 

相続登記費用について、お気軽にお問い合せください。相続登記費用の見積もりは無料です。

オルフィット総合事務所

名古屋駅近くの、

愛知県名古屋市中村区佐古前町19番10号

失敗しない事務所の選び方
知らずに高い登記費用を払っている

登記MENU

登記費用.com TOP

お見積り

ご依頼の流れ

対応エリア

登記費用

測量

境界確定

よくある質問

お客様の声

選ばれる3つの理由

自分で登記をされる方へ

専門家

アクセス

サイトマップ


登記対応エリア:

愛知県:名古屋市、名古屋市、一宮市、春日井市、清須市、あま市、津島市、稲沢市、 愛西市、弥富市、海部郡(蟹江町、大治町、飛島村)、岩倉市、 小牧市、丹羽郡(大口町、扶桑町)、江南市、犬山市、小牧市、 西春日井郡豊山町、北名古屋市、長久手市、尾張旭市、瀬戸市、日進市、東郷町、みよし市、豊田市、豊明市、刈谷市、知立市、知多市、東海市、大府市、知多郡(東浦町、阿久比町)、半田市、常滑市、武豊町、碧南市、高浜市、安城市、岡崎市、名古屋市・中村区・中区・西区・北区・中川区・昭和区・東区・天白区・港区・南区・緑区・守山区・千種区・熱田区・名東区・瑞穂区

岐阜県:岐阜市、各務原市、羽島郡(岐南町、笠松町)

三重県:桑名市、いなべ市、桑名郡木曽岬町、員弁郡東員町

google plus