測量  土地の測量


測量を極める

測量 目次

測量とは

測量の種類

境界確定測量(境界確定)

現況測量

境界復元測量

GNSS測量 旧GPS測量

 

測量とは

測量(そくりょう)とは、点と点や面などの位置関係を測るための技術や作業などの総称です。

測量により、様々な地図、不動産(土地・建物)や構造物などを平面的にまたは立体的にデータを

取得し、地球上の諸点の相対位置を定め、地形・地物を縮尺化表現図示して、 地図や図面等を作る

ことができます。

それらのデータにより現地に関係位置を表すことが可能です。


測量の歴史は古く、エジプトのピラミッド建築では 測量が行われています。

航海では星を使って測量することで位置を把握し、 目的地を目指すことができました。

測量の歴史

日本でも平城京、平安京など碁盤の目の街づくりにも活用されています。

日本の地図作成では、江戸時代に伊能忠敬が本格的な測量を行い伊能図という地図を作りました。

 

測量は、誰でも行うことが可能ですが、国や自治体などの公共事業で行う基本測量・公共測量等は、

登録した測量業者のみが行うことができ、測量士や測量士補が測量を行います。

表示の登記を目的とした測量は、自分で行うことが可能ですが、報酬を得て行うには土地家屋調査士

でなければできません。

 

測量の種類

a.測地測量( 三角測量 多角測量 三辺測量 GNSS測量(旧GPS測量) 水準測量)

測地測量とは基準点や水準点をもとめる測量です。

基準点とは、位置、高さなどが分かっている点で、 あらゆる測量をするときに必要不可欠な点です。

なお、それぞれの基準点には、 球体の地球を平面に見立てた位置の数値~平面直角座標値(以下座標値)が
決められていています。

三角点は位置(高さ)の基準点で、1等から4等まで存在しています。

上の等級にいくほど数は少ないですが、きわめて精密な測量を行って設置しています。

位置のもとになる原点は日本経緯度原点と言い、麻布に原点があります。

ただ、平成14年から経緯度は世界標準を使うようになりました。

水準点は高さの点で、基準水準点、1等水準点、2等水準点があります。

なお、高さ0メートルはなぜか東京湾平均海面で決められていて、
測量士 水準原点は国会議事堂の近くにあります。

水準原点の高さは約24.41メートルです。
なお、基準点・水準点には「標石」という目印の石が設置されています。

 

 

b.地形測量 (写真測量 平板測量 地図編集)

測地測量で求められた土地の位置や高さを元に地図を作っていく測量です。

そのなかでも航空写真をもとに地図を作る測量の写真測量は、基準点測量に対し、
基本図測量と呼ばれ、 地形図などを作るのに必要不可欠な測量です。

 

c.応用測量(河川測量 海測量 工事測量 路線測量 他)

a,bの測量を応用したり、組み合わせたり、または特殊な測量がこの分野に入ります。

ぞれぞれ目的に合わせて使われています。

 

 

 

境界確定測量(境界確定)

境界確定測量は、土地の境界を明確にするための測量です。

法務局・市町村役場等が所持する土地の図面やデータ、

境界標の位置、構造物位置、過去の写真、過去の土地の図面、関係者などからの聴き取り、

これらを基に、現地を測量し、境界の位置を計算した結果を関係対象と協議します。

協議がまとまったら、その結果より土地の図面やデータを作成、現地に境界標(コンクリート杭・
プラスティック杭・鋲・刻み)を設置します。

境界確定測量の事例

⇒ 詳しい境界確定測量の説明

⇒ 境界確定の費用

現況測量

現況測量(げんきょうそくりょう)は、その字が示す通り、現況を測る測量です。

構造物(建物や基礎・ブロック塀)や土地にある境界標(境界杭・鋲・刻み・木など)など

現地に存在する地物を測量し、対象の土地の辺長や面積、高低差、その土地内の構造物の位置関係がわかる図面やデータを作成します。

現況測量は、現況にある地物を測るのみなので、費用は安く作業の期間は短期間で終えることが可能です。

但し、隣接土地所有者と境界線を決める立ち合い等は行わないため、土地の境界線は明確ではありません。

 

⇒ 現況測量の費用

 

境界復元測量

過去に境界標(石杭・コンクリート杭・鋲・刻みなど)を設置したが、何らかの理由で、
亡失したり、移動したり、正しい位置に境界標がない場合、境界標を復元するのが境界復元測量です。

正しい位置に境界標がない場合

境界復元測量は、過去に行った正確な測量により作成された図面などを基に、その図面に記載された
座標値などから復元する境界標の位置を特定し関係する隣接土地所有者と立ち合い境界標を復元します。

復元可能な図面等がない場合は、境界を確定する『境界確定測量』を行う必要があります。

 

⇒ 境界復元測量の費用

 

GNSS測量 旧GPS測量 

GNSS測量は、人工衛星から送信される電波を利用する測量です。GNSS測量

測量した点が、地球のどの位置であるかが直ちに明確になり、
緯度経度で座標を表すことが可能です。

高さも直ちにわかるため、3次元での座標値が取得可能です。

 

⇒ 測量の費用

 

 

 

 

 

 

 



登記費用
相続費用 相続登記費用
不動産売買費用 所有権移転登記費用
新築一戸建て 登記費用
贈与費用 贈与登記費用
土地の測量費用
境界確定測量費用
地目変更登記費用
地積更正登記費用
合筆登記費用
分筆登記費用
建物滅失登記 登記費用
未登記建物 登記費用
土地 表題登記 登記費用
増築改築 表題変更 登記費用
その他の登記費用
 

 

 

 


失敗しない事務所の選び方
知らずに高い登記費用を払っている

登記MENU

登記費用.com TOP

お見積り

ご依頼の流れ

対応エリア

登記費用

測量

境界確定

よくある質問

お客様の声

選ばれる3つの理由

自分で登記をされる方へ

専門家

アクセス

サイトマップ


登記対応エリア:

愛知県:名古屋市、名古屋市、一宮市、春日井市、清須市、あま市、津島市、稲沢市、 愛西市、弥富市、海部郡(蟹江町、大治町、飛島村)、岩倉市、 小牧市、丹羽郡(大口町、扶桑町)、江南市、犬山市、小牧市、 西春日井郡豊山町、北名古屋市、長久手市、尾張旭市、瀬戸市、日進市、東郷町、みよし市、豊田市、豊明市、刈谷市、知立市、知多市、東海市、大府市、知多郡(東浦町、阿久比町)、半田市、常滑市、武豊町、碧南市、高浜市、安城市、岡崎市、名古屋市・中村区・中区・西区・北区・中川区・昭和区・東区・天白区・港区・南区・緑区・守山区・千種区・熱田区・名東区・瑞穂区

岐阜県:岐阜市、各務原市、羽島郡(岐南町、笠松町)

三重県:桑名市、いなべ市、桑名郡木曽岬町、員弁郡東員町

google plus